患者さんが利用できる制度

患者さんが利用できる制度患者さんが利用できる制度

どんな支援制度があるの?

生活費を支援する制度

生活費を支援する制度には、次のものがあります。

受け取れる金額は患者さんごとに違っています。詳しい内容は、各制度の窓口に必ず確認しましょう。

制度 対象 支援の内容 窓口
傷病手当 会社などに勤めていて、4日以上連続して休んでいる方 標準報酬日額の約6割が最長で1年6ヵ月支給されます※5 加入している健康保険の窓口
障害年金 65歳未満で障害がある方※6 受け取れる金額は障害の程度、家族構成から決められます。 加入している年金事務所
生活保護 生活に困っている方※7 受け取れる金額はそれぞれの地域で違っています。 お住まいの地域(住民票がある)の福祉事務所など

※5 会社員や公務員など、毎月一定の収入がある方を対象にした制度です。毎月の平均的な月給額の約1/30が標準報酬日額に相当します。

※6 支援を受けるには年齢以外に年金の支払い状況など、いくつかの条件があります。詳しい内容は加入している年金窓口に問い合わせが必要です。

※7 支援を受けるためには、預貯金や民間の保険、住宅ローンの有無などの調査を受ける必要があります。

生活費を支援する制度

生活費を支援する制度

このページの先頭へ