患者さんが利用できる制度

患者さんが利用できる制度患者さんが利用できる制度

どんな支援制度があるの?

その他の支援制度

税金などの負担が軽くなる支援

身体障害者手帳をお持ちの方が受けられる支援です。
税金の負担を軽くする、公共の交通機関が安く使えるなどの支援が受けられます。

保育サービス

小さなお子さんをあずかってもらえる支援制度です。公的な保育園や、民間企業などが行っています。

公益社団法人全国保育サービス協会
http://www.acsa.jp/

たとえば、お母さんが腎臓病で病院に通うために、小さなお子さんを一時的にあずけたい時などに利用します。

保育サービス

患者会

患者さんとその家族などが、お互いを支え合うために集まっているコミュニティです。同じ病気の患者さん同士が知り合うことで、さまざまな悩みを相談し合ったり、情報を交換したりすることができます。

腎臓病の患者会
腎友会:一般社団法人 全国腎臓病協議会(全腎協)が主催する患者会
http://www.zjk.or.jp/jinyuukai/
都道府県ごとに支部があります 一般社団法人 県腎臓病協議会(県腎協)
日本糖尿病協会 糖尿病友の会:糖尿病の患者会
http://www.nittokyo.or.jp/

など

このページの先頭へ