腎臓にまつわる病気

腎臓にまつわる病気腎臓にまつわる病気

骨と腎臓

骨粗しょう症は骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。腰や背中が痛くなる、身長が低くなるといった症状が出て、年をとるにつれてだんだんと進んでいきます。 特に、閉経後の女性に起きやすいことが知られています。(詳細は「閉経と腎臓」を参照

骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2011年版

正常な骨 骨粗しょう症

正常な骨 骨粗しょう症

最近では、高血圧、糖尿病、腎臓病などの病気があると、骨粗しょう症になりやすくなることが分かってきています。なかでも腎臓病と骨粗しょう症とは、深い関わりがあるとして注目されています

骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2011年版

高血圧、糖尿病、腎臓病

腎臓の病気があると

腎臓は、骨を強くするのに大切な働きを持つ活性化ビタミンDを作っています。活性化ビタミンDは、骨を丈夫にするカルシウムを腸で吸収する時に必要です。

活性型ビタミンD

ところが、腎臓の働きが悪くなると、活性化ビタミンDがうまく作られなくなります。すると、腸からカルシウムがうまく吸収されなくなり、骨が弱くなっていきます。

詳細は「ホルモンを作る」を参照

また、吸収されるカルシウム量が減ってくると、骨のカルシウムが溶け出しやすくなります。

骨は「質」も大切

骨粗しょう症には、骨をスカスカにするだけでなく、骨の「質」にも関係していることが分かってきています
腎臓病などの病気があると、骨を強くするための支えが弱くなっていきます。
すると、骨の密度は正常でも、骨の「質」が悪くなって、骨折しやすくなると考えられています

骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2011年版

このページの先頭へ