腎臓にまつわる病気

腎臓にまつわる病気腎臓にまつわる病気

加齢と腎臓

年をとると腎臓の働きが徐々に落ちてくることが知られています
腎臓の糸球体は、一部が悪くなると他の糸球体が働きを補います。そのため、腎臓全体の働きは落ちてはきませんが、年を取ると糸球体が少しずつ減ってしまい、腎臓の働きが悪くなってくると考えられています

エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013

年を取るにつれて・・・

腎臓の働きが悪くなると・・・

尿が出にくくなり、むくみやすくなります。
余分な水分がうまく排出できず、血圧が上がりやすくなります。
また、薬の成分が排出されにくくなって血液中に溜まってしまい、思わぬ副作用が起きることがあります。(詳細は「薬と腎臓」を参照

CKD診療ガイド2012

このページの先頭へ