腎臓にまつわる病気

腎臓にまつわる病気腎臓にまつわる病気

子どもと腎臓

腎臓病は自覚症状が少なく、かなり進んでからでないと気がつきにくい病気です。
早期発見・早期治療が大切です。
腎臓病の中には小児期に見つかりやすい・なりやすい種類の病気もあります。

小児期にみられる腎臓病

0歳~15歳くらいまでの小児期には、生まれつきの腎臓病が見つかることがあります。
また、治療が長期にわたりやすい腎臓病が、この時期から発症していることもあります。

詳しく見る

小児期にみられる腎臓病

学童期にみられる腎臓病

小児期の中、6~12歳までの学童期に現れやすい腎臓病もあります。
――風邪が治ったと思っていたら腎臓病になっていた。

詳しく見る

学童期にみられる腎臓病

このページの先頭へ