腎臓にまつわる病気

腎臓にまつわる病気腎臓にまつわる病気

フレイルと腎臓

年をとって体力や気力がおとろえてしまい、日常生活が送りにくくなったり、病気にかかりやすくなったりする状態のことを「フレイル」と呼びます。

①体重が減った ②疲れやすい ③動く機会が減った(動く気力がない)
④歩くのが遅くなった ⑤握力が落ちた

①~⑤のうち、3つ以上に当てはまる場合、フレイルの状態に陥っているかもしれません

「フレイル超高齢社会における最重要課題と予防戦略」

歩くのが遅くなった

歩くのが遅くなった

フレイルは早期に発見して、適切な対処で改善すれば、体力・気力の向上が期待できます。フレイルを改善するには、日ごろからよく体を動かし、栄養バランスの良い食事をしっかりとることが大切です。また、これらの対処法はフレイルの予防法でもあります。

「フレイル超高齢社会における最重要課題と予防戦略」

食卓

食卓

腎臓病がある場合

腎臓病がある高齢の方は健康な同世代の方よりも、多くの方がフレイルの状態に陥っています。腎臓病が進んでいる場合、タンパク質の量を抑えた食事にする必要があるため、筋肉が減りやすいことなどが原因の一つと考えられています。

CKDステージG3b~5患者のための腎障害進展予防とスムーズな腎代替療法への移行に向けた診療ガイドライン2015

「もしかしてフレイル?」と思ったら・・・

基本チェックリスト

厚生労働省作成

基本チェックリストの表の中の質問に「はい」「いいえ」で答えてください。
「はい」「いいえ」の前にある数字(0 か 1)の合計点を集計して「結果の見方」と照らし合わせてください。

(注)No.12  BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)が18.5未満の場合に「1.はい」とする。

基本チェックリスト

基本チェックリスト(PDF)をダウンロードする

基本チェックリスト(PDF)をダウンロードする

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeReader(無料)が必要です。

クリップ

結果の見方

結果の見方

上の表の中のどれか1つ以上に当てはまる場合、フレイルに陥っているかもしれません。
市区町村が提供する介護予防事業などを利用して、フレイルが進まないように注意しましょう。

このページの先頭へ