腎臓のおしごと

腎臓のおしごと腎臓のおしごと

腎臓の役割

4.ホルモンを作る

腎臓は、いくつかのホルモンを作ります。

腎臓が作るホルモンの働き

①赤血球を作る

腎臓は赤血球を増やすために、「エリスロポエチン(EPO)」というホルモンを作ります。
血液中の赤血球が減ると、貧血になります。(詳細は「貧血と腎臓」を参照

エリスロポエチン(EPO) 赤血球を増やす

②骨を強くする

骨や歯を作るためにはカルシウムが必要です。
腎臓は、歯や骨を強くするカルシウムの吸収を助けるために、「活性型ビタミンD」というホルモンを作ります。(詳細は「骨と腎臓」を参照

活性化ビタミンD カルシウムの吸収を助ける 骨や歯にカルシウムを与えやすくする

腎臓がうまく働かないと・・・

必要な量の赤血球が作られず、貧血になることがあります

慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン2008

必要な量のカルシウムが不足して、骨がもろくなることがあります

CKD診察ガイド2012

このページの先頭へ