腎臓病の治療

腎臓病の治療腎臓病の治療

食事に気をつける

食事は健康的な生活を送るためにとても大切です。
患者さんが体に負担がかかりにくい食生活を送ることを、食事療法と言います。
腎臓病の食事療法では、エネルギーや栄養成分の必要量を守り、とりすぎない・不足させないことが大切です。

ただし、同じ腎臓病の患者さんでも、体調や病気の進み具合によって、「特に気をつけたい成分」と「その他に気をつけたい成分」があります。

「特に気をつけたい成分」と「その他に気をつけたい成分」

特に気をつけたい成分

多くの腎臓病の患者さんに、特に気をつけてもらいたい成分は「タンパク質」「エネルギー」「塩分」です。
体にとって大切な栄養素であるこれらの成分に気をつけてもらいたい理由と、上手にとるコツをご紹介します。

その他に気をつけたい成分

腎臓病が進んでくると、気をつけてもらいたい成分に「カリウム」「水分」「リン」が加わります。
体にとって大切な栄養素であるこれらの成分に気をつけてもらいたい理由と、上手にとるコツをご紹介します。

このページの先頭へ